日本料理雫

熊本に住む伯母が今年還暦を迎えました。
母と3人で熊本市内で先週末、食事会をしてきました★

着物が自分で着れる伯母と母。
街にて着物で闊歩し食事するという企みを見事遂行したのであります。
私も参加させてもらえて着付けてもらいました。
喜んでお供です(笑)


当日は、熊本城内にある県立美術館にて待ち合わせ。
12月5日まで行われている「アンコール・ワット展」を見ました。
え??
ええ、もちろん着物です(笑)
世界遺産の展示ですが、日本にはない神話や文化と接するって
とても興味深かったです。そして、仏像だったりの名が
音をなぞって日本にも近い部分があったり。
仏教で通じてる部分があるんですね。

そりゃ美術館では目立つかもしれませんが、街って意外と和服の人を
見かけたりするのですよね。大丈夫なんです(何が)

メインの食事会は、着物ということで和食だ!
熊本城があるのだから、熊本城内に復元された新施設「本丸御殿」で
味わえる「本丸御膳」にしよう!
・・・と、一週間前に予約の電話を入れたのですが、
駄目でしたー!熊本城、観光客が多くなっているのは感じていましたが、
ココまで影響があるとは思っていなかった。予約いっぱい!
当日は、七五三の親子もいたので、お祝いの席として利用も多かったのかもしれませんね。

こちら「本丸御膳」は一度味わってみたいね。
細川家が熊本入りした際に饗に供された当時の食事を再現したという懐石。
他のブログでも見てましたが、結構評判が良いみたいです。
お城の中で食事が出来るっていうのが、また特殊ですよね★
予約はお早めに。
熊本城のHPにて詳細ありです。


というわけで、あまり市内にも詳しくないので、口コミサイト「ひごなび」にて
懐石料理部門 上位の食事処を検索。便利ですね~
こちらにしました。
日本料理 雫

京都をルーツにした料理のほか、利酒師が吟味した酒、
女性に好評の専任パティシエによる和洋折衷の甘味を揃えている・・・と
紹介文に載っていたので、決めましたよん。


個室を基本としていて、2名から利用が可能。
接待や祝い事など、シチュエーションに合わせて利用できるようです。
掘り炬燵のお席でした(着物にも良くってよ)
ちょっと良か食事にはもってこい!
雰囲気も良いし、個々が仕切られているから落ち着けます。
料理も多くて、お腹いっぱいになったのよー

今回は還暦のお祝いでちょっと豪勢に・・・と、
「一雫懐石」¥3,150

ランチは旬彩二段弁当¥1,890~となっています。
こちらでも十分お腹いっぱいになっているかもと思います。


サラダ、鯛の吸い物、湯葉豆腐、餡がのった飛竜頭・・・
見計らってお料理が運ばれてきます。

ああ・・・贅沢。
そうこうしてたら、写真の物体運ばれてきました。
何?何?




開けてビックリ玉手箱っすよ。
中から3段のお料理が出て参りました。
お刺身、炊き込みご飯(こちらはお替り自由)、ザ・和食ですね★




この間に、揚げ物も来ているのですが、この時点でお腹いっぱいであります。
海老や季節のものの揚げ物です。

そして、最後に抹茶&甘味
別腹が発動しています。
食べれちゃうのだ(笑)
本当に和洋折衷な感じなんですよ。
あずき味の生キャラメルみたいのが添えてあったのですが、こちらが絶品でした。
個別で売ればいいのに(笑)
買うってば。




既に忘年会の予約が埋まり始めているようです。
人気のお店なんですね。


日本料理 雫
0120-356-231
 096-356-1135
熊本市上通町6-8ホテルオークスB1F
11:30~15:00/17:30~22:00
【店休日】月曜
【席】50席
【P】10時間無料の駐車場あり。(3,150円利用毎)
   隣接しているのですが、ハイルーフはアウト。私のダイハツムーヴちゃん、アウト(T_T)
詳細はご予約の際に。親切に対応してくれました。相談に乗ってくれるよ。(人生まで相談しちゃ駄目)


やはり着物はいいですね。
越後屋210、来年度は着付けの講座を見つけて習おうと考えました。
相方さんにも、着物姿を見せたいなぁ
それには自由に着付けできたらいいなぁ
おまけに、人に着付けが出来るようになりたい!
それでもって、小遣いを稼ぐ(笑)
茶道関係で何か役に立てれたらいいね♪


あ、本来の趣旨から外れた!
伯母様!!還暦おめでとう

スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。