虫刺され?いえいえアテローム

あれ?ポコッとしてる??
こんなことから始まった越後屋210の首筋。
首筋を触ると少し膨らんでいる箇所があったんですよね。
しばらく その存在自体を忘れていたのです・・・


ある日、ちょっと痛みを感じて鏡で見てみると
「赤い??」
赤く腫れていたので、虫刺されか??
ムヒを塗ったら翌日、いよいよ痛みが増してきました。

えー
やばくね?

いつもの時間より早く出勤して保健医さんに相談すると
「皮膚科に行ったほうがいいよ」
午前中、お休みをもらって急遽、皮膚科に走りました。

そうしてる内に少し盛り上がってきたよな??
診断結果は、虫刺されではなくて「アテローム(粉瘤:ふんりゅう)」だそうです。

検索したらページが色々でてきます。
あ、「アテロームの衝撃写真」って箇所は危険ですよ(笑)
(「衝撃写真」をクリックしなきゃいいだけですが)
ドラマの手術シーンも駄目だわぁ~な方は見ない方がいいです。


以下、部分を引用
■アテロームって何?
・アテロームは、皮膚の内部に角質が溜まった袋。

 角質をつくる細胞で袋自体ができているので、
 アテロームは、しだいに増殖していきます

・アテロームは、顔面と頭部に多く発生します

 盛り上がるものと盛り上がりのない数ミリ~数センチの
 しこりができます


■アテローム(粉瘤)の治療


・診断によって、疑いが見られる場合には、
 手術でアテロームを摘出し、病理検査にかけます

・手術では、アテロームの袋ごと全て摘出します
 切開して、ただアテロームを取り除くだけでは再発します

・炎症を起こした袋は、きれいに摘できないので、
 炎症を抑える目的に切開だけを行うケースもあります

・胸、腹、背中などに発症する小さなアテロームは、
 気になる大きさになるまで放置しても問題ありません

 顔や頭に生じた場合には、アテロームが小さいうちに
 手術を受けることで傷跡を小さくできます

(引用終わり)

毛穴の中で炎症を起こしたりするのですと。そして膿が溜まったりするのですって。
ニキビのスケールを大きくした感じ??でしょうか。
そんなこんなで、越後屋210は現在 炎症起こしてるケースでした。
内服薬で炎症を抑えて様子見。来週初めにまた皮膚科に行って切開できるか見ましょって!
切開ありきかー


そんな話をしてたら、課長さんも経験者と判明。
背中にボコッと出来ていたのを切開手術で取ったのですって。
手術は15分くらいで終わるんだよ~なんて笑顔でおっしゃるし、傷口も目立たない。
結構患者は多いらしい。

越後屋210、勇気をもらいました(苦笑)


今は、早く切開して、ズクズクした痛みから解放されたい気分です。
っしゃー、んなろー
かかってこいやー(T_T)
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント

私も

粉瘤持ちだったよ…手術で切ったよう。
1年前くらいなんだけど、まだ痕が残ってる(´;ω;`)ヤブ?

→ごまちゃん

粉瘤持ちでしたかぁ
でも手術で取ったんだねぇ
跡って、そんなに残ってる?私も、いざの時は切開やからドキドキ

私が課長さんに見せてもらったとこ、そんなに目立たなかったんだけど…年季が経ってたのかなぁ