月見て語る

今日は仲秋の名月というわけで、月見て饅頭を食べていましたが散歩したくなったんで月見散歩しました。最近引越しをして、まだまだ新天地なので周囲を散策したり。近くのコンビニまで行って、梅酒を買って飲みながら帰るという不良大人!月見酒というアクティビティ。散歩しながら、伝えたい意志をフワリと話せて本当に良かった。相手もフワリと受けとめてくれて、本当に嬉しかった。協力に感謝。。。私は以前、大事な話!と思った...

従姉妹の存在

有り難いことに、私は従姉妹にも恵まれてると思う。こんなに良き人はいないよ。従姉妹はそれぞれの環境で頑張っていて、私もそうであろうと励みになる。たまに会えば、お互いの家庭環境や性格も、ほんわりと小さい頃から分かるから、なんか理解できる。有り難い存在。...

陰陽師とかアンフェアさ

この前、陰陽師がドラマ化してたから観たんだが。やはり野村萬斎達のイメージが強烈だったんだなぁ、マッチし過ぎてたんだなぁ…と思い起こしたのでした。雅で美しく妖しかったなぁ。NHK版の稲垣吾郎も結構組み合わせ、安定だった。今回は源博雅に違和感が。何だか年若くて爽やかだったんだけど、利かん坊過ぎて、ヲイ!どうした!?!って感じ。堂本光一だと美形過ぎじゃろ。もっと「男!」なイメージだったのよ、私の中では。そん...

ブラックユーモア

「さんは勇気あるよねぇ」「僕はこの人のことをよく知ってるけど、よくもまぁメール送れたよね!」「気難しい対応する人なんだけど、さんが女性だから返信来たのかなぁ!」アホか。仕事ですけど。貴方は、いい加減仕事したらどう?名字しか出さないのに性別まで判らんだろうよ。こんな感じで彼なりのユーモアなのか知らんけど、言葉遣いに難ありの人が近くにいて、イライラする。4月から続く我慢のリミッターがついに緩くなってき...